So-net無料ブログ作成

ペットと行くエセ家族旅行第4弾in中国四国 2日目~高知の朝市と牧野植物園、そして念願の星野リゾート ウトコ オーベルジュ&スパ~ [おでかけ]

祖母の実家で1泊した後、祖母、叔母、そして叔父と4人で向かったのは高知。と、その前に、モモは自分の実家(叔母のお隣さん家)に里帰り~。今回はペットNGのホテルに泊まるので、モモはお留守番です。
最初に向かったのは、高知の朝市

高知1 朝市 (2).JPG


この為に、わざわざ土曜日に出発したんですよね。やっぱり楽しいです、朝市。

高知1 朝市 (6).JPG


このニギニギした感じがたまりません[るんるん]
道の左右では、これぞ高知といったものが、所せましと並べられています。

高知1 朝市 (4).JPG


高知1 朝市 (3).JPG


高知1 朝市 (5).JPG


しょうが買ってジンジャーシロップ作りたかったけど、マメに皮むきやってくれる祖母がいなくなるから断念…(笑)
叔母が大好きな、いも天を買って

高知1 朝市 (7).JPG


ここで再び引き返し、向かったのは、ひろめ市場です。

高知1 朝市 (1).JPG


実は、これだけたくさん来てるけど、中に入ったのは初めてです。ここもすっごくにぎやかなんですねぇ[グッド(上向き矢印)]

高知1 朝市 (9).JPG


お目当ては、ここ。

高知1 朝市 (8).JPG


火、すげーっ。
その場でわら焼きしてくれる、かつおのたたき。テレビとかでも常連ですよね。
高知に単身赴任している叔父情報によると、地元の人はポン酢ではなく、塩で食べるそうです。
ので、その通りに食べてみたら、確かにその方がさっぱりしてて美味しい。

高知1 朝市 (10).JPG


こちらでは合わせて、高知名物のぼうしパンもGETっ[exclamation×2]

高知1 朝市 (11).JPG


味は、んー…まぁ、素朴なかんじでしたよ(笑)
帰る直前にお土産用のいもけんぴを大量買いして(自分用にも1つ買いましたが、あれ、ホントに止まりませんね…)、アイスクリンもしっかりいただきました[黒ハート]

高知1 朝市 (12).JPG


叔父と叔母に持ってもらいました。写真だけみると、めっちゃ仲良し夫婦ですよね~[ぴかぴか(新しい)](いや、仲良し夫婦だけど(笑))。

次に向かったのは、牧野植物園

高知2 牧野 (1).JPG


こちらも実ははじめてです。
エントランスは、めっちゃいいかんじ~。

高知2 牧野 (2).JPG


園内では、約3000種の植物が栽培されているという、かなり広ぉ~い植物園です。

高知2 牧野 (3).JPG


建物もステキです。
それでは、毎度あんまし植物に興味のないワタクシなので、写真のみお楽しみください。

高知2 牧野 (4).JPG


高知2 牧野 (5).JPG


高知2 牧野 (6).JPG


高知2 牧野 (7).JPG


高知2 牧野 (8).JPG


高知2 牧野 (9).JPG


…って、え?
そう、何か、ゴジラみたいのがいたんですよ~。
ちょっと微妙なセンスなのが、高知っぽいなーと思って(失礼(笑))
温室の入口は、結構いいかんじでした。

高知2 牧野 (10).JPG


高知2 牧野 (11).JPG


何か、雰囲気あります。

高知2 牧野 (12).JPG


温室、もしゃもしゃ。

高知2 牧野 (13).JPG


南国の植物や、サボテンなどがワサワサしてました。
そして、この方が、牧野さん。

高知2 牧野 (17).JPG


オタク感、でてますよね~。
すっごく広くて、ホントにいろんな種類の植物があるので、植物好きの方はかなり楽しめますよ~。

高知2 牧野 (14).JPG


高知2 牧野 (15).JPG


高知2 牧野 (16).JPG



そんな感じで植物園を後にして、叔父を寮に送った後、いよいよホテルに向かいます。まぁ、これが遠くて遠くて。何せ、室戸岬の、さらに先ですからねぇ。
でも、どーしても一度泊まってみたかった念願のホテルに、ついにご対面~。

高知3 ウトコ (1).JPG


星野リゾート ウトコ オーベルジュ&スパですっ[exclamation×2]
て、写真は、翌日撮ったもの…
実は、ド晴れ女のワタクシと叔母のパワーで、ここまでは「雨ですよー」予報を覆して、この旅の間は一度も雨に降られなかったのですが(しかも、私たちが愛媛を離れている間は、どしゃぶり。さらに高知もこの日までずーっと雨だったのに、翌日晴れたし(笑))、この到着した瞬間だけ、雨ざーざーだったのです…。
でも、目の前に車をつけたら、ホテルの方が車も移動してくれたし、雨の中、傘までさしてもらっちゃって、早速星野スピリッツを感じてしまいました[ハートたち(複数ハート)]

案内されたのは、こちらのお部屋。

高知3 ウトコ (2).JPG


かわいい~[黒ハート]
赤がアクセントになった、スーペリアルーム。

高知3 ウトコ (3).JPG


3人なので、1つはソファベッド。

高知3 ウトコ (4).JPG


ホントは年下の私が寝るべきですが、一人っ子なのでそんな空気は読まない(プッ)で、叔母に寝てもらいした…ごめんちゃい。
お部屋の窓とバスルームからは、ざっぱーんな太平洋が見えます。

高知3 ウトコ (5).JPG


高知の海、荒れすぎ(笑)
ちょうど夕方のサービスでウェルカムスイーツのグラニータをいただけるというので、行ってみることにしました。

高知3 ウトコ (6).JPG


レストラン前のスペース。ここも雨がぺちょぺちょでした。
ドアを開けてレストランを抜けて、

高知3 ウトコ (10).JPG


不思議な入口をくぐって、行ってみると…

高知3 ウトコ (7).JPG


先客さんが座る、何ともおされなカウンター[ぴかぴか(新しい)]
ここもかわいい~。
そして、出していただいた、柚子とジンジャーのグラニータ[るんるん]

高知3 ウトコ (9).JPG


大きさも、いいかんじですよね。ちょっと、楽しみたい。そんなときにピッタリのサービスです。
私はアルコール大好きなので、日本酒をかけていただきました[ハートたち(複数ハート)]
柚子がさわやかで、しょうががピリリっと効いてて、とっても美味しかったです。

こちらでは、お遍路さんをプチ体験できるツアーもあり、そこで貸してもらえる衣装が展示してありました。

高知3 ウトコ (8).JPG


すっごいかわいくないですか[exclamation&question]
SOU・SOUとのコラボで、何と非売品なんだとか…ちょっと、ほすぃ…。
そー、何か、お遍路ってやりたいんですけど、あの衣装とかがイケてねーんですよねぇ。なので、こういうかわいいのがあったら、女子的にはもっと楽しんでお遍路できるんじゃないかなぁと常々思っておったものです。
あまりカンタンではなさそうだけど、自作してみようかなぁ~。

ディナーまでは少し時間があったので、途中にあった本が置いてあるサロンに立ち寄りました。

高知3 ウトコ (11).JPG


ソファにゆったり座って、海を見ながら自由に本が読めるお部屋です。フリーのコーヒーや紅茶も用意されているのも嬉しいですよね。
一人旅とかだと、ここでぼへーっとするのも楽しいかも[ぴかぴか(新しい)]

そして、いよいよお待ちかねのディナーでございます。
何せこちらは、オーベルジュ。お料理がホントに楽しみでした。
と、お料理の前に、何とお誕生日祝いに、ということで、日本酒のサービスをしてくださいました。

高知3 ウトコ (12).JPG


高知独特の、おちょこ。まっすぐ置けないから、飲み続けなくてはならないという(笑)高知らしいし、おもしろいしで、良い記念になりました[るんるん]
お料理は、どれにも何かしら鰹が使ってあるという、ユニークなフルコース。
まずは前菜から。

高知3 ウトコ (13).JPG


鰹のアンティパスト・ミスト 皿鉢料理スタイル。
いきなり、ゴージャスっ[exclamation×2]
こんなにいろんな調理方法で鰹を食べることなんて、なかなかないですよねぇ~。
続いて、2品目のアンティパスト。

高知3 ウトコ (14).JPG


鰹とキノコのコンポート ナスのクレーマ添え。
パンも自家製です。

高知3 ウトコ (15).JPG


続いて、プリモ・ピアット。

高知3 ウトコ (16).JPG


タラと赤ピーマンのカネロニ仕立て 卵入りスープ。
次は、パスタ。

高知3 ウトコ (17).JPG


赤ワイン風味のラグーソース タリアテッレ。
次は、セコンド・ピアット。

高知3 ウトコ (18).JPG


鰹のヴェネト風 バジルと柑橘の香りで。その場で冷凍柚子を削ってくれるという演出もステキでした。
そして、カルネ。

高知3 ウトコ (19).JPG


和牛のソテー 鰹の血合いのパテ オレガノと粒マスタードのソース。
そして、プリモドルチェ。

高知3 ウトコ (20).JPG


ブドウと赤ワインのアルモーニア
最後に、ドルチェ。

高知3 ウトコ (21).JPG


ズコット 濃厚なパンナコッタ添え。
何とここにも、ハッピーバースディのプレートを添えてくれました。
さらにコーヒーには、お菓子までついちゃって、うひひひ(笑)

高知3 ウトコ (22).JPG


かわゆすぎ~。
と、まぁ、見ていただいたらお分かりかとは存じますが……

量がっ[exclamation×2]
すっごいっ[exclamation×2][exclamation×2]
多いのですっ[exclamation×2][exclamation×2]

さすがに、叔母と祖母は、残したりしていました…。
お味はどれも、ものすごぉぉぉぉく美味しいっ[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
叔母は「ちょっと味が濃ゆすぎる…」と言ってましたが、私的には確かにちょっと濃いめではあると思いますが、お酒に合ってるのかなーってレベルでした(のんべぇだから(笑))。見た目も楽しめるし、お皿までオシャレだし(おなじみSUGAHARAのお皿が使われてて、ちょっとときめいちゃったし♪)オーベルジュに相応しい、とても美味しいディナーでした[黒ハート]

まんぷく幸せ~のあとは、プールで腹ごなし[グッド(上向き矢印)]
こちらは海洋深層水のプールでディープシーセラピーをすることができるのです。夜は、瞑想タイムで、こんな幻想的な雰囲気に。

高知3 ウトコ (23).JPG


祖母も含めて、3人でぷーかぷーかと浮いてきました。

というところで、3日目に続きます~。

ペットと行くエセ家族旅行第4弾in中国四国 1日目~岡山満喫♪吉備津神社&吉備津彦神社、倉敷を散策後、仏生山温泉再び~ [おでかけ]

更新がかなり滞りました…。待っててくれた方もそうでない方も、申し訳ないでゲス…[あせあせ(飛び散る汗)]
試験も終了して(いろんな意味で終了して…(泣))、ちょこちょこ忙しいものの、何とか日常が戻りました。ようやく、旅行の話が書けます[るんるん]

9月末、祖母の帰省(最早、帰省(笑))に合わせて、モモも連れて、中国・四国地方を満喫する、モンゴル民族大移動並みのエセ家族旅行をしてきました[黒ハート]
朝7時。浮かれて立ったは、品川駅です。

岡山 (1).JPG


新幹線撮るの、ヘタクソ…[あせあせ(飛び散る汗)]
今回も同行しています、いとかわゆし、手荷物280円[ハートたち(複数ハート)]

岡山 (2).JPG


まー、暴れる、暴れる。友達にラインしたら「これから調理?」とか言われたし。新鮮ぴちぴち、ですね(プッ)
そんなこんなで、大嫌いな新幹線に揺られること、約3時間半[たらーっ(汗)]到着しました~[グッド(上向き矢印)]

岡山 (3).JPG


ももたろはーん[るんるん]
つか、今、みんなこの写真送ると「ももちゃんだー」って言う…。auのイメージ、強すぎですよね。
てわけで、ちょーお久しぶりな、岡山駅です。
ここで車で迎えに来てくれた叔母と従弟2と合流して、再開の挨拶もそこそこに、さっそく念願の吉備津神社へ向かいました。

岡山 (4).JPG


駐車場から見えた、屋根。さすが備中国一宮、立派です[ぴかぴか(新しい)]
下から本殿へは、長~い廊下を登っていきます。
ちょうど、弓道大会が行われていたようで、学生さんがいっぱいいました。

岡山 (5).JPG


朝廷から派遣された吉備津彦が、このあたりを支配していた温羅という鬼を退治した話が桃太郎伝説になったと言われていますが、その温羅を倒したのが弓だったから、弓道が盛んなのかな?と推測。
登り切ったところで振り返ると、こんな感じでした。

岡山 (7).JPG


延々と続く、立派な廊下です[ぴかぴか(新しい)]
上がり切ると、すぐに本殿があります。

岡山 (6).JPG


んーでもねぇ、何かこんなこと言うと神様に怒られちゃうかもだけど、何となく陰がある神社って感じがしました…晴れの国、岡山の神社なのになぁ[あせあせ(飛び散る汗)]しかも、やりたかった鳴釜神事は、並んでた上にシステムがよくわからなくて、できなかったし…うーん、何か相性が悪かったです。

続いて、吉備津神社に行ったらセットで行きたい、吉備津彦神社へ。

岡山 (8).JPG


備前国一宮です。
こちらは明るい感じがして、とても好きでした[グッド(上向き矢印)]
案内のボランティアさんとかもいて、かなりオープンな雰囲気。

岡山 (9).JPG


吉備津彦は、桃太郎のモデルとも言われています。なのでか、境内はやっぱり桃をモチーフにしたものがちらほらと。

岡山 (10).JPG


絵馬もかわいい[黒ハート]
そして、おみくじも[exclamation×2]

岡山 (11).JPG


久々におみくじを引く、原価を知る女…。

岡山 (12).JPG


見事、大吉でした~。わーいわーい[るんるん]
温羅伝説にはとても興味があるので、また鬼ノ城とかも訪れてみたいなぁ~。

続いて向かったのは、倉敷です。
子どもの頃、美観地区に行っただけで、まぁこんなもんだろうなぁ~というイメージがあったので「別に行かなくてもいいかな」と思っていたのですが。何か最近、マステ専門店ができたり、オシャレな町家のお店が増えたりと、周囲がすごくオシャレになったというので、訪れてみました。
まずランチで伺ったのは、pizzeria CONO foresta(ピッツェリア コノフォレスタ)さん。

岡山 (13).JPG


林源十郎商店」という美観地区の端っこにある町家を再生した商業施設の一角、元々は母屋だった建物を改装した、とってもおされなお店です。

岡山 (14).JPG


本格的な石窯があり、ピザが美味しいと評判のお店。

岡山 (24).JPG


そして美観地区で数少ない、テラス席はペットOKなお店でもあります。

岡山 (15).JPG


ありがたや~。そして、テラスも、すっごいシャレオツ~。
やっぱり、車でお留守番はイヤだもんねぇ~。

岡山 (16).JPG


ランチは、サラダ、選べるメイン、ドリンク、デザートがついて、1500円。でもせっかく来たから…と、私だけ+300円のモモタローというピザにしました。
まずは、サラダ。

岡山 (17).JPG


かわゆす~[ハートたち(複数ハート)]
そして、新鮮で美味しかったです。
続いて、その+300円だった、モモタローというピザ。

岡山 (18).JPG


岡山県産のピーチポークを使ったベーコンと、同じく岡山県産の黄ニラを使ったもの。
これ、めちゃくちゃ美味しかった~[ぴかぴか(新しい)]
ジューシーなベーコンに、とろとろのたまご、そこにコクのあるチーズがからんで、口の中が幸せ~って感じになります。もちもちの生地との相性もバッチリで、最高でした[黒ハート]

続いては、祖母が頼んだカルボナーラ。

岡山 (19).JPG


これまた、すっごい濃厚。
たまごとチーズがものすごく味があって、麺ももちもちっとしてて、ちょっとクドい感じもありましたが、こちらも美味しかったです。
叔母は、シンプルにマルゲリータ。

岡山 (20).JPG


生地の美味しさがよくわかる一品。チーズもトマトソースもとてもいいかんじで、これまた美味しかったです。
そして、最後は従弟その2が頼んだ本日のパスタ。

岡山 (21).JPG


シンプルなトマトソースのパスタでしたが、これも美味しかったですよ~。
というわけで、全部美味しいけど、一番は絶対にモモタローっていうピザ!あれは+300円の価値アリですっ。
人数がたくさんいると、いろいろ味見できてうれしいですよね~。

そして、最後にコーヒーとデザート。

岡山 (22).JPG


コーヒーもオシャレですよね。
デザートは、栗のジェラート。

岡山 (23).JPG


これもすっごい美味しかったです。ていうか、カフェタイムにジェラート食べに来るだけでも価値あるかもってくらい。
近くにあったら通いたくなる、ステキなお店でした[黒ハート]

おなかいっぱいになったところで、美観地区をぶらぶらすることにしました。
手始めに、林源十郎商店の他のお店(オシャレなショップがたくさん!)を見たり。

岡山 (25).JPG


真ん前のパン屋さんで、

岡山 (27).JPG


美味しそうなパンをGETしたり。

岡山 (26).JPG


今、食べたところなのに…。
そして、メインの美観エリアではなく、路地をウロウロ。

岡山 (28).JPG


雰囲気、すごくよくないですか[exclamation&question]

岡山 (29).JPG


こーいう宿屋さんとかに、すごいあこがれます。
で、ぶらぶら路地散策の目的としていたのは、こちら。

岡山 (30).JPG


如竹堂さん。
町家を改築した、マスキングテープ専門店です(紙風船と、便箋とかも少し扱っていましたが)。
テンション上がりまくって、店内の写真を撮り忘れたのですが(こらこら…)、もうマステが山のようにあって、私にとっては天国かつ散財してしまう地獄のようなお店でした…。
ものすごい吟味して、いくつかかわいいマステをGET。ついでに、レターセットも購入しました。最近あんま手紙書かないのに、ついつい買ってしまうんですよね…。

その後も、小さなお店を見ながら、ぶらぶら。さらにちゃんと美観地区も押さえて、

岡山 (32).JPG


岡山 (33).JPG


岡山 (34).JPG


岡山 (31).JPG


倉敷、満喫でした~[黒ハート]
アウトレットもできているようなので、また来てみたいなぁ~[るんるん]

夕方になったので、倉敷を後にして、四国へ。
今度は香川で、叔父、従妹、そして従弟その1ファミリーと待ち合わせしました。

仏生山 (2).JPG


お久しぶりのUちゃん[黒ハート]
全然なついてくれなかった…[あせあせ(飛び散る汗)](泣)
叔母オススメのパン屋さんでめんたいこパンを買い、夕食に讃岐うどんを食べた後(まずかったので、紹介割愛)、どーしても立ち寄りたかった、仏生山温泉 天平湯、再び~。

仏生山 (1).JPG


前回(記事はこちら☆☆☆)立ち寄って以来、もう再訪したくて再訪したくて、たまらなかったんですよね~。
相変わらずオシャレな温泉です。あ、もちろんこちらでも叔母はパンをGETしてました(笑)

仏生山 (3).JPG


この日はちょっと混んでいて(特に男湯は、満杯だったそうです…)あまりゆっくりすることはできなかったのですが、それでもやっぱりお肌トゥルットゥルになって、大満足でした~。
もちろんかき氷も食べましたよー。

仏生山 (4).JPG


レモン味、うまままー[黒ハート]
と、初日から大満喫~というところで、さらに怒涛の2日目に続きます。

レッツ生誕祭(笑)後編 赤坂うまやのランチと、ウォーターグリルキッチンで激うま牡蠣をごちそうになる。 [食道楽]

何かもう、毎日、こんなになぜ予定が入るのかってくらい忙しい上、明日試験ですよ[あせあせ(飛び散る汗)]ヤバいですよ。模擬で33点以上取れないですよっていう状況で、もうパニーーーーック[exclamation×2][exclamation×2]で、今日なんて仕事で4件も予定入ってるえらいこっちや~~~な状況で、現実逃避でブログ書いてます[ぴかぴか(新しい)]
旅行ネタに全然進めない~[あせあせ(飛び散る汗)]

さて。すっかり記憶が薄れているのですが、誕生日ネタの続きです(笑)
当日は仕事でしたが、職場関係の人が、赤坂うまやのランチと、紀尾井町ガーデンテラスにあるウォーターグリルキッチンのディナーに連れていってくれました。

まずは、はじめましての赤坂うまや

うまや1.JPG


一度行ってみたかったんですよね~[るんるん]
一ツ木通りをちょっと入ったところの右手、ちょぴっとだけ坂道をのぼるとあります。先代・市川猿之助邸宅跡地にある、現在の三代目市川猿之助がプロデュースしたお店。
実は経営は、JR九州だったりします。おもしろいですよね~。だから、九州料理がいただけるのです。

うまや2.JPG


店内はこんなかんじ。落ち着いています。
高いお店だというイメージでしたが、ランチなら1000円くらいでいただけます。入ってすぐに出てきたのが、卵とお水。

うまや3.JPG


エビアンだ~[ぴかぴか(新しい)]ちょっとうれしくないですか[exclamation&question]
そして、卵かけごはんの専門店があるくらい、こだわっている卵だそうですよ。
チキン南蛮とかめっちゃ美味しそうでしたが、せっかくなので「三代目市川猿之助の楽屋めし」をいただきました。

うまや4.JPG


いろんなおかずがちょこちょこ入っていて、とてもボリューミー[ぴかぴか(新しい)]
食べごたえがあって、どれも美味しかったですよ~[ハートたち(複数ハート)]
デザートがついているのも、嬉しいポイントです。

うまや5.JPG


お店の雰囲気もいいし、ゆったりできましたし、また行きたいなぁ[黒ハート]次は九州の名産がついた定食を食べてみたいです。

職場に帰ると、同僚さんたちが、ハッピーバースデーしてくれました[ハートたち(複数ハート)]

誕生日 (1).JPG


赤坂のアラボンヌーのケーキ。残念ながらホールは完売だったそうな…[たらーっ(汗)]ここのケーキ、ホントに美味しいんですよね~。
まさかのプレゼントが間に合わなかった(土日挟んだら、届きませんでした…)というハプニングはありましたが(ちなみに、フルトンのビニ傘をもらいました~、それについては機会があったら色々書きます)、お祝いしてもらえるのがうれしい~[ぴかぴか(新しい)]

続いて、ディナー。何が食べたいか聞かれたので、「牡蠣♪」と答えたら、東京ガーデンテラス紀尾井町にあるウォーターグリルキッチンに連れて行ってくれました。

誕生日 (10).jpg


はしゃいでたから、写真は借り物(笑)
前菜からして、スモークの牡蠣っ。

誕生日 (2).JPG


これも美味しかったなぁ。
で、好きなものを食べていいと言われたので、ガッツリとアラカルトしました。
これまたはしゃいで、写真を撮り忘れた、生牡蠣。

誕生日 (5).jpg


めーちゃーくーちゃー美味しかったです~。
そして、海鮮サラダ。

誕生日 (3).JPG


大好物の、ムール貝の白ワイン蒸し。

誕生日 (4).JPG


カニグラタン。

誕生日 (6).JPG


そして、土鍋で出てきた、牡蠣ごはん。写真は、1人分にわけてくれてます。

誕生日 (8).JPG


さらにデザートまでっ。

誕生日 (9).JPG


で…写真がまたまたないのですが、全員が一番おいしいと言ったのは、牡蠣フライ[exclamation×2]
まるでクリーム牡蠣コロッケを食べているみたいに、トロットロで、すっごいおいしかった~。

このお店、どれ食べてもすっごいおいしいです。そして、わりかしリーズナブル。ワインをガバガバ飲んで(ビールの後に、4人で3本あけた…)おなかぱんっぱんに食べて、3万いかなかったくらいです。すごーいっ。普段の私たちから考えると、すごい安上がりでした(笑)

今年も幸せなお誕生日でした~[黒ハート]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。